脳卒中を早期発見しよう!前兆症状を見逃すな




脳卒中の代表的な症状

脳卒中の代表的な症状には、片方の手足のしびれや麻痺など、体の片側に現れるものが挙げられます。

また顔もしびれや麻痺の対象ですが、顔のみや手足のみといったケースもあります。

他には、頭では分かっているのに言葉が出ない、あるいは呂律が回らないというような症状も代表的です。

言葉は聞こえているのに理解できない、そういう症状に心当たりがある場合は要注意です。

力はあっても立てない、歩いてもフラフラするといった症状も発生します。

激しい頭痛や視野の欠けも代表的な症状ですが、脳梗塞発症3時間以内であればt‐PA療法を施行でき、後遺症を少なくすることが可能です。

早期の発見と対処がその後を左右しますから、これらの症状を理解して注意することが大切です。

 

脳卒中を診断する「FAST」サインってなに?

脳卒中を疑い判断が必要になったら、診断に役立つFASTサインが有効です。

FASTサインはFace(顔)とArm(腕)、そしてSpeech(話)にTime(時間)の頭文字を合わせた言葉です。

 

Face(顔)は、顔に歪みを生じる麻痺で、

Arm(腕)は腕に力が入らない、もしくはダラリと脱力することを意味します。

Speech(話)は言葉が出ない、呂律が回らないなどの症状で、

Time(時間)はこれらの症状の発症時刻の確認を呼び掛けるものです。

 

 

つまり、FASTサインを理解しておくことによって、脳卒中に早く気がついたり、後遺症が残らない早期治療を行う切っ掛けが得られます。

いずれも脳卒中の代表的な症状ですから、FASTサインを覚えることをおすすめします。

 

こんな習慣がある人は要注意

脳卒中になりやすい人には、食事や喫煙に飲酒といった生活習慣が関係しています。

逆にいえば、生活習慣病になりやすい生活をしていると、脳卒中のリスクが高まる結果に至ります。

偏った食事や運動不足に慢性的なストレス、それと喫煙や過度の飲酒は要注意となります

脳卒中は高血圧が直接的な要因になるので、血圧が高い人は他の部分に異常がなくても、普段から気をつける必要があります。

生活習慣病は文字通り、生活によって病気の発症リスクが高まり、結果的に発病へと至ります。

塩辛いものを好んで食べたり、何にでも醤油やソースを掛ける人は、塩分過多で血圧が上がる可能性が大です。

高血圧は血管に負担を与えてしまうので、こういう塩分が多い食事は控え、喫煙や飲酒も見直すことが重要です。





リハビリ特化型ブログ「リハビリの一助となりますように」






セラピスト向けに日々の臨床で使える知識・技術をお伝えしています。介護福祉や退院後に利用できる施設を解説している記事もありますので、一般の方もぜひご覧ください!