2020年に脳卒中の患者数は300万人に達している!?




脳卒中は日本人の死亡原因の第4位

脳梗塞や脳出血などのいわゆる脳卒中は1980年までは日本の死亡原因の第1位でした。

それ以降は、徐々に減っていき、

1位:ガン
2位:心臓病
3位:肺炎
4位:脳卒中

 

 

の順番になっています。

厚生労働省の統計によると
2013年の死亡総数のうち、脳卒中で亡くなった人は11万8347人で、全体の9.3%という報告があります。

またそのうち脳梗塞は6万9967人で、脳梗塞は脳卒中で亡くなった人の約6割を占めていると報告されています。

脳卒中は日本人の寝たきり原因の第1位

日本人が寝たきりになる理由はさまざまですが、脳卒中が原因の場合が18.5%を占め、第1位となっています。
2位:高齢による衰弱(13.4%)
3位:骨折・転倒(11.8%)

と2013年の国民生活基礎調査で報告されています。

脳卒中の死亡率は低下しているも患者数は増加?

治療法の進歩や高血圧にたいする意識変化などにより、脳出血の発症患者は少なくなっており、死亡率も低下しています。

しかし、食生活が肉食に変化していることや高齢化にともない、脳梗塞の発症患者が増加しており、脳卒中全体の患者数は変化していないのが現状です。

 

また、脳卒中は加齢による動脈硬化が原因にもなるため、高齢者のほうが発症しやすいです。

そのため、高齢者の数が激増している日本では、今後、脳卒中患者は増えることが予想でき、2020年には患者数は300万人に達するとされています。




リハビリ特化型ブログ「リハビリの一助となりますように」






セラピスト向けに日々の臨床で使える知識・技術をお伝えしています。介護福祉や退院後に利用できる施設を解説している記事もありますので、一般の方もぜひご覧ください!